トップページ > 洛西図書館> 洛西図書館 概要・お知らせ 
   
臨時休館のお知らせ

 

洛西図書館

 

洛西図書館

図書館は洛西総合庁舎に併設され,館内はカラフルで明るく,また,幼児コーナー・児童コーナー・成人コーナーの他,京都にふさわしい資料を展示する京都コーナーを設置するなど閲覧がしやすいよう工夫をこらしている。    
近くには,竹林公園・大原野神社などがあり,市民の散策の場として人々の目や心を楽しませている。

 

洛西図書館からのお知らせ


2023/01/05

洛西からの一読 最新号 「空を見上げて」

| by 洛西図書館
洛西からの一読

一読パンダ

今回のテーマは「空を見上げて」
 寒い日が続くと、外に出るのも億劫ですが、思わず空を見上げたくなるような本を紹介します。


雪と人生
中谷 宇吉郎(なかや うきちろう)/著  KADOKAWA 

表紙画像

 中谷宇吉郎は、世界で初めて人工的に雪の結晶を作り出した物理学者です。また随筆家としても知られています。「物理学者」というと、なんだか難しくて堅苦しい文章なのでは、と思われるかもしれませんが、読んでみるとユーモアにあふれています。人工的に雪を作り出すというのは簡単なことではなく、何度も実験を繰り返しデータを取り、また実験を繰り返しと、年月を費やして行われていました。ですが実際には、とても楽しんでいたように感じられます。人に実験の目的を尋ねられると、「冬期の上層の気象状況が分かるようになって、航空気象上重要なことになる」などと答えるものの、実は色々な種類の雪の結晶を作ることが一番の楽しみだとか、寒い中さんざん苦労して研究しても、何かの役に立つのかも確信はないが、「面白いことは随分面白いと自分では思っている。世の中には面白くさえもないものもたくさんあるのだから、こんな研究が一つくらいはあってもよいだろう」などと書いています。柔軟な発想と行動力。好奇心を持って楽しむことを忘れない。「科学者」のイメージが変わるかもしれません。


すごすぎる天気の図鑑 空のふしぎがすべてわかる!
荒木 健太郎/著  KADOKAWA   

表紙画像

 かわいらしい表紙の児童書ですが、大人でも充分楽しむことができます。天気に関することが、写真や図でわかりやすく説明されており、「雲にあく大きな穴のヒミツ」とか「積乱雲が空を割る瞬間」とか、見出しにもとても興味を惹かれます。雪の結晶の種類や名前の載っているページには中谷宇吉郎の言葉も紹介されています。普段何気なく見ている雲も種類や名前がわかれば、興味を持って見てみたくなります。スマホで雪の結晶をきれいに撮る方法や宇宙から地球を眺める方法など実際に試してみたいものや、虹色の彩雲や雲や霧に妖怪のような影の映るブロッケン現象など、少し変わった自然現象の観察のコツも載っていて、久しぶりにじっくりと空を眺めてみたい気分にさせてくれる1冊です。


洛西からの一読(令和5年1月)PDF398KB.pdf
09:32 | その他

洛西図書館 情報

施設概要住所:〒610-1143 京都市西京区大原野東境谷町2-1-2 洛西総合庁舎1階
電話番号:075-333-0577
ファックス番号:075-333-0887

開館時間

  • 平日:午前9時30分~午後7時(児童だけの利用は午後5時まで)
  • 土曜・日曜・祝日・休日・12月28日:午前9時30分~午後5時
休館日:火曜日(火曜日が祝日・休日の場合は翌平日),年末年始
バリアフリー情報多機能トイレ(車いす対応・おむつ替えシート)
 

きょうとしとしょかん こどもページ

 

京都市情報館

 

京都市生涯学習情報検索システム“京まなびネット”