トップページ > 洛西図書館> 洛西図書館 概要・お知らせ 
当面の間,平日(一部の館は月曜・木曜日のみ)の開館午後7時までとしています
(コミュニティプラザ深草図書館を除く)
詳細はこちら
 

洛西図書館

 

洛西図書館

図書館は洛西総合庁舎に併設され,館内はカラフルで明るく,また,幼児コーナー・児童コーナー・成人コーナーの他,京都にふさわしい資料を展示する京都コーナーを設置するなど閲覧がしやすいよう工夫をこらしている。    
近くには,竹林公園・大原野神社などがあり,市民の散策の場として人々の目や心を楽しませている。

 

洛西図書館からのお知らせ


2021/01/04

洛西からの一読 「まほう」

| by 洛西図書館
洛西からの一読

一読パンダの画像

今回のテーマは「まほう」

「もし、魔法がつかえたら・・・」と考えた事ありますか?魔法は、不可能を可能に変える最強アイテム。思いのままに願いがかなうことに憧れます。しかし、彼らたちにとって本当に頼りになるアイテムは何だったのでしょうか?じっくりと考えさせられる作品です。


クラバート
プロイスラー・著 中村浩三・訳  偕成社
表紙画像

 ドイツに古くから伝わっている「クラバート伝説」を基にプロイスラーが自分の「クラバート」を構成し長編小説を書きあげました。孤児、浮浪児のクラバートが夢のお告げに導かれ水車場にたどり着き、水車場の職人見習いの生活が始まります。ところが、親方は魔法使いで、クラバートは魔法使いの弟子としての修行も始まったのです。毎年一人の弟子がいなくなり、新しい弟子が一人入ってくるようです。見習いの生活は厳しく、時にはくじけそうになるのですが、そのつどクラバートに不思議と力が湧いてくるのでした。やがて、クラバートが成長し、邪悪な親方との戦いの日がやってきます。

 この作品は、クラバートの成長の過程で人として何が大切で、どうやって生きていくべきかを、教えてくれています。人生を誠実に考えてみる時に読んでみたい一冊です。


魔女の宅急便
角野栄子 作 林明子 絵  福音館書店
表紙画像

 魔女の子キキは、10歳で魔女になると決め。13歳で魔女修業に出ることになりました。魔女のいない土地を選び、そこで自分の魔法を生かしながら一年間暮らすという課題が与えられるのです。このお話は、キキが魔女アイテムの空飛ぶほうきにまたがり、黒猫ジジを相棒に、生まれ育った町から旅立つところから始まります。

 キキが使える魔法はたったひとつ空を飛べること。この力を使って思いついたのが物を届ける仕事です。魔女に慣れていない町の人たちは、恐ろしいものが来たように思っていたのですが、キキの仕事ぶりを見ていくうちに誤解も薄れ、仕事もはやるようになってきました。あっという間に一年が過ぎ里帰りをするところでこのお話は終わっています。がこの後、「キキと新しい魔法」「キキともう一人の魔女」「キキの恋」「魔法のとまり木」「それぞれの旅立ち」でシリーズが完結します。完結まで24年の歳月をかけてキキの成長が描かれています。読者もキキと同じように成長しているように思えます。全シリーズ読んでみてはいかがでしょうか。



洛西からの一読(令和3年1月)PDF326KB.pdf



13:00 | その他

洛西図書館 情報

施設概要住所: 〒610-1143 西京区大原野東境谷町2丁目1-2 洛西総合庁舎1階
電話番号: 075-333-0577
ファックス番号: 075-333-0887

開館時間

  • 平日:午前9時30分~午後7時30分(児童だけの利用は午前9時30分~午後5時まで)
  • 土曜・日曜・祝日・休日・12月28日:午前9時30分~午後5時
休館日:火曜日(火曜日が祝日・休日の場合は翌平日),年末年始
バリアフリー情報多機能トイレ(車いす対応・おむつ替えシート)
 

きょうとしとしょかん こどもページ

 

京都市情報館

 

京都市生涯学習情報検索システム“京まなびネット”