トップページ > 利用案内> 障害のある方へ> 障害者サービスについて 

障害者サービスについて

 

京都市図書館では,障害のある方のために以下のようなサービスをおこなっています。
くわしくは、カウンターにおたずねください。また,聞くこと,話すことが不自由な方はFAXをご利用ください。

貸出冊数・貸出期間・予約点数

障害のある方は,お一人20点まで(内、視聴覚資料は4点まで)1か月間借りることができます。予約は20点までです。

障害のある方については,代理の方が,図書館カード発行や資料貸出の手続をすることができます。

大活字本・拡大読書器

小さな字が読みづらい方のために,各館に大活字本をそろえています。
中央・右京中央・伏見中央・醍醐中央・山科図書館には,拡大読書器を設置しています。

点字図書

中央・伏見中央・醍醐中央図書館には,国語辞典・英和辞典等の点字資料を所蔵しています。

LLブック

LLブックとは,知的障害,読書障害(ディスレクシア)など,通常の活字図書の利用が困難な人にも理解できるように,図や写真を多く使うなどの工夫をして書かれた本のことです。

どなたでもお借りいただけます。

京都市図書館で所蔵しているLLブックは,こちらのリストをご確認ください。

対面朗読

視覚障害のため活字図書の利用が困難な方のために,中央・伏見中央・醍醐中央・左京・岩倉・山科・下京・久世ふれあいセンター・醍醐の各図書館では,対面朗読室を設けて図書館資料の対面朗読を行っています。

録音資料の貸出

視覚などの障害により活字図書の利用が困難な方のために,中央図書館では「デイジー図書」「テープ図書」の録音資料,デイジー図書再生機の貸出を行っています。 
利用にあたっては,貸出登録の手続きが必要です。
お申込みはお近くの京都市図書館でも受け付けています。

「サピエ(視覚障害者情報総合ネットワーク)」の利用

視覚などの障害により活字図書の利用が困難な方のために,中央図書館では,録音図書のデータなど様々な情報を提供する「サピエ(視覚障害者情報総合ネットワーク)」に加入し,デイジー図書(CDになった録音図書)等の貸出などのサービスの充実を図っています。

在宅貸出

来館が困難な障害のある方のため,中央図書館ではご自宅まで図書の配送サービスを実施しています。

京都市内に在住し,下記の要件をすべて満たしている方が対象です。

  • 身体障害者手帳の交付を受け,障害程度等級が1級から4級までの方。
  • 障害のため,図書館への来館が困難な方。
  • 本人または補助者により,直接配送業者と資料の受渡しができる方。

お申込みはお近くの京都市図書館でも受け付けています。

音の文庫

来館が困難な視覚に障害のある方のために,醍醐中央図書館では視聴覚資料(カセットテープ、CD)の貸出を行っています。

社会福祉法人京都ライトハウス情報ステーション(電話:462-4579)を通じてご利用ください。

 

きょうとしとしょかん こどもページ

 

京都市情報館

 

京都市生涯学習情報検索システム“京まなびネット”