トップページ > 洛西図書館> 洛西図書館 概要・お知らせ 
当面の間,平日(一部の館は月曜・木曜日のみ)の開館午後7時までとしています
(コミュニティプラザ深草図書館を除く)
詳細はこちら
 

洛西図書館

 

洛西図書館

図書館は洛西総合庁舎に併設され,館内はカラフルで明るく,また,幼児コーナー・児童コーナー・成人コーナーの他,京都にふさわしい資料を展示する京都コーナーを設置するなど閲覧がしやすいよう工夫をこらしている。    
近くには,竹林公園・大原野神社などがあり,市民の散策の場として人々の目や心を楽しませている。

 

洛西図書館からのお知らせ


2021/03/01

洛西からの一読 「旅立ち」

| by 洛西図書館
洛西からの一読

一読パンダ


今回のテーマは「旅立ち」

 季節はめぐり、日差しがあたたかく感じはじめています。卒業・進級を迎える人、新しい生活を迎える人などこの時期は忙しそうです。今までいた場所から新しい何かが始まる予感がしています。どこに向かっていくのか不安もありますがすばらしいときを過ごして欲しいものです。

ピーター・パンとウェンディ
..バリ著 石井桃子訳  福音館書店


表紙画像


ロンドンのケンジントン公園の近くに住むダーリング家の長女ウェンディと弟のジョンとマイケルは、永遠に大人にならないピーター・パンに出会います。ある夜、3人の子どもたちは、ピーターに誘われてネバーランドへ冒険の旅に出てしまいます。ネバーランドには迷子の男の子たちがおり、その子たちの世話をウェンディがすることになったのです。迷子の子どもたちは、ウェンディからお話を聞くことが楽しみでした。ネバーランドには、迷子の子どもをねらう海賊、海賊をねらう原住民、原住民をねらう動物が島をぐるぐるまわっていたのです。ピーターたちと海賊キャプテン・フックは因縁の戦いを繰返していました。ネバーランドでの生活はハラハラドキドキで、子どもたちが大活躍しています。やがてネバーランドでの問題が解決すると、3人の子どもたちは自分たちの家に帰る時がやってきました。子ども時代からの旅立ちを迎えるのです。
子どもの時に、子どもらしく過ごせることはとても大切です。すばらしい子ども時代を十分に楽しみ味わえた体験が苦しみや試練を乗り越える力を蓄えているのかもしれません。

すばらしいとき
ロバート・マックロスキー著 わたなべ しげお 訳 福音館書

表紙画像

ペノブスコット湾には小島が点在しています。その島の一つに避暑としてバカンスを楽しんでいる家族がいました。海辺にボートを浮かべ、林の中で小鳥たちの声を聞き大地から伸びようとする草の息吹を感じる子どもたちはのびのびと明るく楽しい時を過ごしていました。夜になると満天の星空を仰ぎ、日が昇ると煌めく太陽のもとで水遊びを楽しむ。なんて素晴らしい日々だろう。嵐が通り過ぎた時は怖かったけれど、そのあと片付けにも心は踊っていた。やがてこの地を離れる時、子どもたちはこの「すばらしいとき」を心に残して旅立っていくのです。

洛西からの一読(令和3年3月)PDF440KB.pdf

 



09:30 | その他

洛西図書館 情報

施設概要住所: 〒610-1143 西京区大原野東境谷町2丁目1-2 洛西総合庁舎1階
電話番号: 075-333-0577
ファックス番号: 075-333-0887

開館時間

  • 平日:午前9時30分~午後7時30分(児童だけの利用は午前9時30分~午後5時まで)
  • 土曜・日曜・祝日・休日・12月28日:午前9時30分~午後5時
休館日:火曜日(火曜日が祝日・休日の場合は翌平日),年末年始
バリアフリー情報多機能トイレ(車いす対応・おむつ替えシート)
 

きょうとしとしょかん こどもページ

 

京都市情報館

 

京都市生涯学習情報検索システム“京まなびネット”