6月 樫原中学校生き方探究チャレンジ体験

6月7日~9日の三日間、樫原中学校の2年生さんが
生き方探究チャレンジ体験にきてくださいました。


まずはブックメールの作業です。


乱れやすい児童の絵本コーナーの本の整理をしていただきました。


6月の環境月間の本を展示する為に数冊選んでいただきました。


新着の本の受け入れ作業をしていただきました。


大人向けの本の書架も整理していただきました。

中学生さんの感想
絵文字:鉛筆図書館の仕事は本の返却や貸し出し、返却のパソコン処理など「図書館っぽいな」と思う仕事や、本をリサイクルしたり、他の図書館へ行く本や、来た本などのパソコン処理など裏方の仕事までたくさんあり、その体験をたくさんさせていただいて、とても楽しかったです。開館前に本がたくさんあるのをふり分ける仕事、返った本の返却・配送など本当に働かないと体験できない者は特にワクワクしたし、本をリサイクルするなど初めて知ったこともあったし、紙芝居などこれからもう体験できないようなことまで、全部貴重な体験でたくさんのことを学び、仕事の大変さを実感しました。将来、この経験を生かして一生懸命がんばりたいです。

絵文字:鉛筆私の想像していた図書館の仕事とは違った仕事がたくさんありました。本のたくさん入った袋を持ち上げて移動させたり、館内を歩いてまわって本を棚に返したりなど、意外に体力が必要な仕事が多くて驚きました。
 また、図書館はお客さんと接する「接客業」である、ということも分かりました。それはあのあたたかいあいさつや、ちょっとしたお客さんとの会話をするということで、その結果図書館の温かい雰囲気がつくられているということを学べました。だから私が働く時には、あいさつを大切にしてコミュニケーションを取れるようにしたいです。