お知らせ


               展示本 ~美術館・博物館連携展示 第3弾~
              生誕三百年記念 「伊藤若冲」 (終了しました)


 
若冲は,京都錦小路の青物問屋の長男として正徳6年(1716年)に生まれました。父の死後17年を青物問屋の主人として
暮らし,40歳で家業を弟に譲った後は,装飾的な花鳥画や斬新なタッチの水墨画など多くの作品を生み出しました。

伊藤若冲生誕300年を記念して京都市美術館で,
12月4日(土)まで『若冲の京都 KYOTOの若冲』が開催されて
いるのにちなみ,関連本を展示しています。

*京都市美術館は,地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩8分です。



     写真 1  写真 2